MENU

・強くこすらない
目元の皮膚は非常に薄くデリケートです。成分をなじませようと強くこすると、色素沈着やたるみの原因になりかねません。 優しく押さえるようにしてなじませてください。

 

・一度にたくさんつけない
一度にたくさんつけようとすると、目に入ってしまう恐れがあります。 手の甲に出した『アイキララ』を、薬指の腹に少しずつとり、少しずつ目の下になじませてください。

 

目に入ってしまった場合は、すみやかに洗い流してください。
万一、使用後に痛み・赤み・違和感が残る場合は、医師に相談してください。

 

1日2回、毎日使用することをお勧めいたします。『アイキララ』は、こまめに使用することで良い変化を実感しやすくなる商品でございます。スペシャルケアとしてではなく、普段のお手入れの一環としてご使用ください。

 

目の周りの皮膚は非常に薄く、強くこすってしまうと、色素沈着やたるみの原因になりかねませんので、お勧めいたしません。

 

乳幼児の手の届く場所、直射日光の当たる場所や高温になる場所には置かないでください。
また、商品が誤って出てしまうことを防ぐため、使用後には必ずロックをかけてください。
※乾燥によるつまりを防ぐためにキャップをつけて保管をお願いいたします。