MENU

なぜ注射器みたいなカタチなの?

 

「アイキララ」の入れ物って、注射器みたいで、
とっても変わったカタチをしていませんか?

 

他に見ない入れ物なんですが、ここに何かヒミツが隠されているのではないでしょうか?
ゼッタイに何か隠れているのに違いありません!

 

そこで、開発・販売メーカーである「北の快適工房」さんに直接質問してみました。

 

 

アイキララ注射器容器は中身を守っている

 

この「アイキララ」の容器は、「エアレス容器」という名前だそうです。
その名前の通り、直接空気に触れないような仕組みになっています。

 

化粧品は空気と触れてしまうと、酸化してしまうことで、劣化してしまいます。
できるかぎり化粧品は空気に触れさせたくないものです。
また、私たちの皮膚には、常在菌という菌がいます。
化粧品の中に、私たちの手や指から常在菌が入ってしまうこともあります。
常在菌は、化粧品の中に入り込むと中で増えてしまうこともあります。
怖いですね。

 

「アイキララに」は防腐剤が一切入っていませんから、劣化が心配です。
そのため、入れ物を工夫することで空気が入らないように、さらには
容器の中の美容液に直接手で触らなくてもいいように、
とっても考えられ、工夫されているのです。

 

「アイキララ」の容器の内部です!
アイキララ容器

 

「アイキララ」のピストンを押すと、ピストンが動いて中の美容液が出てきます。
通常のポンプはチューブが付いているそうですが、アイキララの容器にはチューブが付いていないので、
容器の中は空気に触れないようになっています。
アイキララ容器

 

最後に、アイキララの容器の先端に、とってもちいさなキャップが付いています。
とってもちいさいので、すぐになくなってしまいそうですし、知らずに捨ててしまいそうになります。

 

このキャップも酸化防止になりますので、最後まで捨てずにしっかりキャップをして、
空気の侵入を防ぐとさらに良いですね。

 

このように「アイキララ」の注射器型のちょっと変わった容器は、
使い終わるまで酸化や菌の増殖を防ぐように作られています。
私たちが安心して使えるためのカタチなのです。